スペシャルインタビュー

「セルフメディケーション」という言葉を聞いた事があると思いますが何をしたらいいかご存知ですか?

日本薬科大学 教授 久保田 洋子

世界中で健康や医療への関心が高まる中、自分の健康は自分で守るセルフメディケーションの考え方が重要です。
そこで、今回は日本薬科大学の教授として未来の薬剤師を育てる久保田先生にセルフメディケーションについてお話をお聞きました。

こんにちは、日本薬科大学の久保田洋子と申します。「OTC啓発イベント2020」にて皆様とお目にかかれること、とても光栄に存じます。

1 セルフメディケーションてなんだ?

さて、「セルフメディケーション」という言葉を聞いたことがあると方が多いと思います。この「セルフメディケーション」は、いつから、どのように広がってきたのかをまず、お話しさせていただきます。

Fig.1にありますように、世界保健機関(World Health Organization:WHO)が「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的とした活動の中で、1998年に“セルフケア・セルフメディケーション”を提唱しました1)。セルフケアとは、「健康を確立し、維持し、病気を予防し、対処するために人々が自分自身のために行うこと」と定義され、セルフメディケーションは、セルフケアの一つの要素として考えます。

【セルフケアのポイント】
・ 公衆衛生(一人一人の衛生管理も含む)
・ 栄養(食べたものの種類と質)
・ 生活習慣(日常生活活動、スポーツ、レジャーなど)
・ 環境要因(生活条件、社会習慣など)
・ 社会経済的要因(所得水準、文化的信条など)
・ セルフメディケーション

つまり、世界中のみんなの健康を維持するためには、一人一人が自分の生活や周りを見つめ直し、健康を確立し、維持し、病気を予防し、対処するために、自分自身のセルフケアを行いましょう!という概念です。

このWHOのセルフケアを推進するために、本邦では厚生労働省が、セルフメディケーションを「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と国民の皆さまに呼びかけました。

Fig.1 セルフメディケーション概念図

2 セルフメディケーションてどうするの?

このような世界の活動の中で、日本ではどのように勧められてきたかをお話しします。

セルフメディケーションを行いましょう!それは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」ことです!と言われても、何をどうしたらよいか、よくわからない場合が多いと思います。

そこで、厚生労働省は、日本のニーズに応じた役割設定と消費者をどのようにサポートするか?という観点から、地域で活躍する「薬剤師」と新しく制度を立ち上げた「登録販売者」が、皆さまを支援できるように体制を整えました。

また、歴史を遡りますと、元禄3年(1690年)富山十万石の二代目藩主・前田正甫の「おきぐすり」の発祥に辿り着きます。それは、参勤で江戸城に登城したとき、福島の岩代三春城主・秋田河内守が腹痛を起こし、苦しむのを見て、印籠から「反魂丹」を取り出して飲ませたところ、たちまち平癒した光景を目の当たりにした諸国の藩主たちは、その薬効に驚き、各自の領内で「反魂丹」を売り広めてくれるよう正甫公に頼んだと伝えられています。この事件が「おきぐすり」(配置販売業)の発祥とされています。

さらに、正甫公は、領地から出て全国どこででも商売ができる「他領商売勝手」を発布。同時に富山城下の薬種商・松井屋源右衛門にくすりを調製させ、八重崎屋源六に依頼して諸国を行商させました。源六は、「用を先に利を後にせよ」という正甫公の精神に従い、良家の子弟の中から身体強健、品行方正な者を選び、各地の大庄屋を巡ってくすりを配置させました。そして、毎年周期的に巡回して未使用の残品を引き取り、新品と置き換え、服用した薬に対してのみ謝礼金を受け取ることにしました。こうして、現在のクレジットとリース制を一緒にしたような「先用後利」の画期的な販売システムが登場したのです。

また、文武天皇の大宝元年(701年)に大宝律令とともに、医療の制度も発布され、この制度に従って曲薬寮を設け、薬園師、薬園生などの官が置かれ学生の教育やくすりの研究が行われました3)

そこで、
1 規則正しい生活
2 市販薬(OTC医薬品)の有効利用
3 正しい知識
4 毎日の健康と生活習慣のチェック

という4つのポイントで、「自分の健康を自分で守るため」に薬剤師や登録販売者によるサポートを有効に活用していきましょう。

3 COVID禍で見直されている日常生活

健康的なライフスタイルを長く保ちたい!不摂生を克服して生活習慣を改善したい!という願いは、個人の努力のみではなかなか難しいこともあります。これからは、一人一人が力をつけて、自分自身の生活や環境をよりコントロールできるようになると良いですね。そのために、薬剤師や登録販売者のサポートを活用しましょう。

さらに、COVID禍で終息は未だ見えず、ワクチンや薬があれば、これまでの日常が戻ってくるのか?と世界中が前の見えない状況です。社会・経済活動にも大きく影響し、日常生活の不安に押し潰されそうです。このような毎日で、「マスク・手洗い・うがいと密を避ける」で良いのか?と疑問・不安な方もたくさんいらっしゃると思います。いろいろな情報がいろいろな媒体から流され、それに対して多方面からの解釈も流布し、一体、毎日どれを信じて、何をすれば良いのか?と悩ましいことばかりと拝察いたします。是非、お近くの薬局、ドラッグストアーの薬剤師にお声をかけてください。

前述しました「セルフメディケーション」のポイントから、

●公衆衛生
一人一人の衛生管理について、相談してください。マスクの着用、手洗いの正しい方法、うがいの方法、密を避ける工夫なども!

●栄養
自宅での食事、方法や内容などの栄養面でのアドバイスをもらってください。

●生活習慣
「コロナ太り」という言葉にドキリとする方は、日常生活の姿勢や運動、活動なども相談してください。

●環境要因
薬剤師は、これまでも、小中学校、高校などで「学校薬剤師」として、環境管理を続けてきました。いろいろなアイデアも持っていますので、自宅での生活や仕事の環境も是非、薬剤師の相談してください。また、1日中誰ともお話ししない日常が起きている方も、是非薬局やドラッグストアーで、薬剤師や登録販売者の方と、何気ない日常会話をしてみましょう。笑顔で迎えてくれます!

●社会経済的要因
薬剤師は、在宅医療や生活保護の方のお薬の管理など、いろいろな経験を積んでいます。さらに医療面だけでなく、福祉・介護に関しても是非、相談してください。

●セルフメディケーション
一人では、むずかしいことも、地域や身近な薬剤師や登録販売者と一緒に、生活を見つめ直し、新しい生活での健康を相談してください。

4 OTC医薬品の重要性

「セルフメディケーション」を、地域や身近な薬剤師や登録販売者とともに推進し、新しい健康な生活を一緒に築いていきましょう。その中で、前述の「おきぐすり」とともに、日本では、OTC医薬品もきちんと育ってきました。

これらのOTC医薬品は、
1 軽度な疾病に伴う症状の改善
2 生活の質(QOL)の向上
3 健康の維持や増進、その他保健衛生
4 健康状態の自己検査
5 生活習慣病等の疾病に伴う症状の発現の予防
に役立てることができます。

そこで、是非、地域の薬局・ドラッグストアーで、薬剤師や登録販売者と一緒に、新しい生活において、健康で、健やかな日常を築くために、有効にOTC医薬品を活用してください。

5 薬剤師、登録販売者の重要性

「楽」しい生活に「草」を足すと「薬」になります。薬は、楽しい健やかな生活のためにあります。しかしながら、「くすり=リスク」と、薬という字は、反対から読むと「リスク」です。このように、食品も同様ですが、ご自分の体の中に取り入れるものは、ご自分の体ではない「異物」ですので、必ず、薬剤師や登録販売者の指導に基づいた使い方をしてください。これにより、リスクを最小限に、または回避することができます。

例えば、ご飯を食べると体の肉や血になる」と言いますね。このように、お口から摂取した食物は、全て便や尿などから体の外に出るわけではありません。それはお薬も同じです。服用した薬が全て体から出ていくわけではありませんが、「お薬」は、「「吸収→分布→代謝→排泄」という過程をたどります。それは、体に入って(吸収)して、体中を血液を通して廻り(分布)、効果を発揮した後は分解され(代謝)、体から出ていく(排泄)という過程です。お薬はこの「代謝」という段階で、いろいろな工夫がなされ、ほとんど排泄されます。

また、1日3回朝・昼・夕食後に飲むお薬を、昼食後に飲み忘れてしまった場合に、皆さまどうされますか?1日3回きちんと飲んでいると、Fig2青線のように、お薬は体の中で、有効に効くように工夫されています。ところが、昼に飲み忘れた分を夕食後の分と一緒に飲んだ場合には、赤線のように、血液中のお薬の量が危険な範囲に入ってしまい、いろいろな有害事象が起こりやすくなります。

このように、決められた量をキチンと飲むだけではなく、もし、飲み忘れた場合には、どうすれば良いかも、是非、薬剤師の相談してください。

最近は、1日2回の服用や、1日1回、1週間に1回の服用のお薬もあります。これは、錠剤やカプセル剤のいろいろな工夫がされ、ゆっくり効果が出る仕組みになっています。

そこで、一人一人、お薬の使う時間やりょうや回数が違いますので、説明書に書いてあることを守りましょう。わからないことや、困ったことがあった場合には、薬剤師に相談してください。

Fig.2 薬の効き目の現れ方(薬の血中濃度) 参照:薬の適正使用協議会資料より

現在、WHOのセルフケア・セルフメディケーションの推進においても、このようなリスクに関する警鐘も出ています。
是非、薬剤師・登録販売者と一緒に「セルフメディケーション」を進め、新しい日常を築いていきましょう。

参考文献
1)The Role of the pharmacist in self-care and self-medication : report of the 4th WHO Consultative Group on the Role of the Pharmacist, The Hague, The Netherlands, 26-28 ,August ,1998.
2)林航平,「セルフメティケーション」の厚生労働省による定義について, CBEL Report ,Volume 2, Issue 2 ;9-26,2020.
3)一般社団法人 全国配置薬協会「おきぐすり」 https://www.zenhaikyo.com/index.html (2020.10.8閲覧)
4)厚生労働省 一般用医薬品販売制度の改正について https://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/06/02.html (2020.10.8閲覧)
●プロフィール
久保田 洋子 [Yoko KUBOTA]
昭和31年1月20日生
東邦大学薬学部、慶應義塾大学大学院薬学研究科修了 博士(薬学)
鳥居薬品(株)、国立がんセンター病院、薬局経営を経て帝京平成大学講師、慶應義塾大学臨床講師、東邦大学客員教授、北陸大学教授、日本薬科大学教授現在に至る。
平成20年 千葉県薬剤師会 会長賞受賞
平成21年 第19回日本医療薬学会 論文賞受賞
平成24年 (社)千葉市薬剤師会 夜救診・休日診療所 勤続表彰
OTC医薬品普及啓発イベント 実行委員
日本在宅薬学会 評議員
日本アプライド・セラピューティクス学会 理事
薬学共用試験センター CBT問題管理委員会 チーフ